読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしの想い2016

※今回の記事は何だか誰担?みたいな記事です、自分勝手に過去を振り返ってます。たまに振り返りたくなる……今がしんどいからかな(暗い)

ーーーーーーーーーーーーーーーー

昔の動画を見まくっていると思うのは、この頃は山田沼に深く足を踏み入れていたな〜と。
 今や有岡沼に溺れていますよ……8年前の私…!

山田担時代に『どんな質問にも答えます!』みたいなタグをしたところ、仲良しな山田担に無茶振りをされました。
山田涼介の好きなところ100個教えてくださいー っと。

正直100個も無理や……って思ってたのですが意地でなんとかやってやりましたよ☜ 
好きな理由とか、好きな所って各自の価値観で生まれるもので答えはないものだと思います。だから、あーだこーだ言われる筋合いはないと思います。言うなら見えないところで言いましょう。
うん、平和が1番。

わたしは時々考えます、山田涼介のどこが1番、何が1番好きだったのか。有岡大貴のどこが何が1番好きなのか。
(そんなこと考えずにテストの勉強しろって現実の声が聞こえてきますが)

まとまった答えは見つからず、あれも好きな理由だなとか色々出てきちゃいますね……。

2人に共通して好きな点で言えるのは
''キラッキラなアイドルなところ''
だと思ってます。
俳優、バラエティ…活躍の幅を広げていく姿はとってもカッコよくて素敵なんですが、本業であるアイドルの姿がいっちばん好きなんです。

山田涼介は、私の人生に色を付けてくれました(重い)
昔はクソガキで、よくいじめ?られたり…いじめの定義がよく分からんからハテナですが(笑)お気に入りの傘を折られたこと、遊具から突き落とされたことは忘れないよ……(根に持つタイプです)

学校がだいっきらいで、集団がだいっきらいで……。好きなものはって聞かれて答えられなかった私が、たまたま見てたドラマの美少年に惹かれ、楽しみができて友達ができて……大袈裟かもしれないけど世界が広がって。

今の私が出来たのはJUMPであり、山田涼介というアイドルに出会えたからです。

山田涼介に出会えたから、わたしには年下のしっかり者の愛方に出会えて。いつも私のワガママに付き合ってくれる双子さんに出会えて。しょーもない話に付き合ってくれる5人の仲間に出会えて。わたしを👴🏻って慕って(?)くれる孫たちに出会えて……。
ヲタク以外に友達って呼べる子何人いる?って聞かれたらごくわずかで。
(連絡取ってるの中学時代の友達2人…)ヲタクしてなかったら、わたしめちゃくちゃ暗い人生になってるんじゃないかなって思います。笑
だから、山田涼介というアイドルには凄く凄く感謝しています。特別何かをされたわけじゃないし、何万人の1人でしかないけど(笑)

私に異変が起きたのは、愛方の担降りからだったからかな〜…愛方が有岡担だったので、大ちゃんには愛方がいるから。みたいな思考でした。なのに、突然愛方が降りちゃって…!あら、有岡どうしようみたいな(笑)
愛方が降りてから、山田さんも見つつ、隣りにいる大ちゃんも見て…。
ありやまにどんどんハマって行き、
   '' 頑張りたいときには山田涼介を
         疲れたときには有岡大貴を ''

みたいな考えが生まれてました。
活躍の幅を広げていく2人に、毎日元気をもらって。いつの間にやらありやま沼に…笑
そして、今や有岡沼に(笑)

友達にもう降りちゃってもいいんじゃない?って背中を押されて降りたものの、一時的な想いやったら…とか、カウコンで山田涼介みたら戻りそう…とか正直不安でした(笑)
でもカウコン両日入って、しっかりお別れができました。
すっごく楽しそうにキラキラ輝く山田さんをみて、あぁ私この人好きだった…こんなにも幸せな笑顔を咲かすことが出来てるなら、もう私は満足って思えました。

担降りって結構悩むものだと思うんです…わたしはめちゃくちゃ悩みました(笑)まず担当制度廃止を求めたかった(笑)けどこの世界に踏み入れた以上、担当制度に従いましょうと我慢し、決意をしました。
この選択をしたおかげで、新規分類に入りましたが、後悔はしてません。
山田涼介を好きだった私も、有岡大貴を好きな私も私です。

新規は嫌われてます、知ってます☜
でも、好きになっちまったもんはしょーがないんさ(誰)
好きに勝ち負けだなんて…平和に生きたいよ……。

わたしの夢はファンサをしている有岡大貴をカメラにおさめることです。
ファンサされることはそりゃ嬉しいけど、第三者的に見たいのです☜
隣で貰ってる人に、あぁ!今のいいですね!って言いたいのです。

…っとちょっと変わったヲタクです。
これが私。

長々と言いたいことをまとめず述べました。
ぶちまけるって楽しい💗☜

いつか有岡大貴の好きなところ100を載せてみようかな〜